施工の管理者になる方法|貿易事務の求人でスキルアップ|人生を変えるのは自分自身

貿易事務の求人でスキルアップ|人生を変えるのは自分自身

ウーマン

施工の管理者になる方法

男性と女性

求められるスキル

施工管理者として工事現場で働くためには、身につけておくべきスキルが幾つかあります。まず第一に建設工事に関する知識です。施工管理者は工事の進捗状況の管理や資材管理を行う必要があり、建設工事に関して幅広い知識が求められます。採用面接時にはこうした知識が備わっているかどうかを判断するための質問を受ける可能性があり、事前に良く勉強しておく必要があります。業者の中には採用プロセスの過程で建設工事に関する知識レベルのテストを行う所もあります。第二に身につけておくべきスキルはスタッフのマネジメント能力です。工事現場では複数の作業スタッフや関連業者を取り纏める必要があり、相応のマネジメントスキルが求められる事になります。

選考プロセス時の注意点

施工管理の仕事に就くためには、建設工事を請け負っている業者に施工管理者として採用してもらう必要があります。採用プロセスは業者によって異なりますが、一般的には複数回の面接と建設関連の知識テストを行う業者が多いです。面接では応募者のこれまでの業務経験や工事現場での管理実績などが中心に問われるケースが多いです。この点、過去に施工管理の仕事をしていなくても採用してもらえるケースはありますが、それでも建設業界でこれまで全く働いた事がないという場合は、よほど優れた専門知識がないと雇ってもらえるケースは少ないです。建設関連の知識テストについては、筆記試験やWebテストで行われるケースが多く、最終面接前に行われるケースが多いです。